反社会的勢力に対する基本方針および契約・取引に関する解除について

株式会社ダイカンは、次の通り反社会的勢力またはそれらに準ずるものに対する基本方針を定め、社員一同これを遵守する事により、業務の適切性と安全性の確保に努めます。

組織としての対応

反社会的勢力に対しては、経営トップ以下、組織全体として対応し、反社会的勢力に対応する従業員の安全を確保します。また、法的な責任を超えた要求行為や、脅迫的な言動、暴力的な行為など、業務を妨害し信用を毀損したと判断した場合も、組織一丸となり対応します。

外部専門機関との連携

平素から、不当要求防止責任者を設置し、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築することに努めます。

取引を含めた全ての関係遮断

反社会的勢力に対しては、取引関係を含めて全ての関係を遮断します。また、反社会的勢力やそれらに準ずるものと判明した場合、取引途中の契約解除に伴う一切の賠償も行わないものとします。

有事における民事と刑事の法的対応

反社会的勢力による不当要求を拒絶し、必要に応じて民事および刑事の両面から法的対応を行い、契約解除に発生した当社の製造物に係わる諸経費等を請求するものとします。

裏取引や資金提供の禁止

反社会的勢力との裏取引は絶対に行いません。
反社会的勢力への資金提供は絶対に行いません。

(以上)